文字の大きさ
  • お問い合わせ

特集

2016-04-01 [熱中症って何?]

熱中症の対処方法を知ろう

熱失神・熱疲労の場合

◎ 熱失神 めまい・立ちくらみ・顔面そう白
◎ 熱疲労 脱力感・倦怠感・頭痛・吐き気・嘔吐

涼しい場所に避難して水分を補給する

涼しい場所に運び、衣服をゆるめて寝かせ、水分を補給すれば通常は回復します。
脈拍が弱い場合は、足を高くし、手足を抹消から中心部に向けてマッサージするのも有効です。
吐き気やおう吐などで水分補給できない場合は、病院で点滴を受ける必要があります。

 

熱けいれんの場合

足・腕・腹部の筋肉に
痛みを伴ったけいれん

水分・塩分を補給

通常塩分を含んだ水分を補給すると回復いたします。
効率よく塩分・水分を吸収するには、100mLあたり40~80mg程度のナトリウムが入ったスポーツドリンク(ハイポトニック飲料)を飲むのが体への吸収がスムーズであるといわれております。

 

熱射病の場合

体温を素早く下げ、一刻も早く病院へ

いかに早く体温を下げて意識を回復させるかが予後を左右するので、現場での処置が重要です。
体温を下げるには、首筋(頚動脈部分)、脇の下、足のつけねなど太い血管が対表面近くにある部位に氷やアイスパックをあてる方法や、全身に水をかけたり濡れタオルを当てて扇ぐ方法などが効果的です。

 

 

 

熱中症の対処

 

 

 

 

このページに関する商品