文字の大きさ
  • お問い合わせ

お客様相談室

血流改善 腰ホットン(一般医療機器)

妊婦が使用しても問題ありませんか?

大切なお体ですので、かかりつけの医師にご相談ください。

従来の腰ホットンと何が違うのですか?

腰の痛みは体の左右に広がることが多い(神経が左右に走っている)ので、横方向に大きい方がより効果的です。
従来の腰ホットンは20cmでしたが、今回のリニューアルで26センチになり、腰全体を覆う事ができるようにりました。

内容物を口に入れてしまったのですが大丈夫でしょうか?

カイロは毒性のものは入っていないので、なめた程度なら問題ないですが、少量や多量に飲み込まれた場合、なるべく吐き出す様に勧めて医師にご相談ください。
また、毒性の物は入っていませんが、食べ物ではないので雑菌処理をしていないため、菌の影響でお腹が痛くなったり下痢したりする可能性があります。

なぜ、直接肌に貼ってはいけないのですか?

服の上から使用する場合を想定した温度設計にしています。
直接肌に貼ると温度が高くなってしまい、同じ位置がずっと加熱されることになるので、火傷の恐れがあります。

糖尿病の人は、何故使用してはダメなのですか?

糖尿病のかたは血行が悪く、カイロの熱がこもり易くなるので、低温火傷になり易いです。また、火傷の症状に気がつきにくいので、気がついた時にはすでに症状が悪化していることもあります。

腰以外には使用はできないのですか?

腰に適切な温度設計を施しています。腰以外で使用すると、温度が高くなりすぎたり、ぬるすぎたりします。腰以外での使用は避けてください。

服の裏側に貼っても良いですか?

低温火傷の原因になる可能性がありますので肌着等の上から貼ってご使用いただくようお願いいたします。

発火しませんか?

大丈夫です。ご安心ください。

どのように、廃棄したらよいですか?

市区町村で定められた「使い捨てカイロ」の廃棄方法に従ってください。

使用した状態で寝ても良いですか?

布団の中では保温状態が良いためにカイロの温度が高くなります。
また、温度が高くなったことに気付かないこともありますので、就寝中はご使用しないでください。

医薬品の消炎鎮痛剤と併用してもいいですか?

薬の種類によっては、どのような副作用が発生するかわかりません。
薬との併用は避けてください。

塗り薬をした上から貼ってもいいですか?

薬の種類によってはどのような副作用が発生するかわかりません。
薬との併用は避けてください。

温熱シートはどのように保管すればよいですか?

直射日光や高温の場所をさけ、なるべく涼しいところに保管してください。
小児の手の届かないところに保管してください。
なお、個袋を開封すると発熱してしまう為、保管中は開封しないでください。




製品に関するお問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

お電話でのお問い合わせ

0120-081-331

受付時間 / 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

フリーダイヤルがつながらない場合はTEL.06-6392-0333(有料)へお電話ください。

※ お客さまとの応対内容を正確に把握するため、録音させていただいております。
※ 障害などで電話が切れた際にご連絡できるよう、発信者番号の通知をお願いしております。
 非通知設定の場合は、フリーダイヤルの前に「186」をつけておかけください。