文字の大きさ
  • お問い合わせ

お客様相談室

桐灰はる

カイロを貼ったまま肌着を洗濯してしまいました。

カイロの成分が水に溶け出して衣類を傷めたり、皮膚に影響を与えることはないので、特に洗濯し直す必要はありません。また、カイロの袋は水に溶けない不織布なので破れることはありませんが、万一破れて、粉がもれたりすると衣類に鉄サビがつくことがあります。鉄サビの汚れは普通の洗濯では落ちません。市販の還元系漂白剤を使ってサビ汚れを落としてください。ただし、その際は、衣類の洗濯表示にしたがってください。また、洗濯機の底に粉が残っている場合、洗濯機が乾いてから掃除機で吸い取ってください。

カイロをトイレに落としてしましました。

発火したりトイレ用洗剤(酸性、中性、アルカリ性)と混ざって有毒ガスを発生することはありません。カイロの袋は溶けないので、水洗トイレの場合は拾いあげて下さい。汲み取り式の場合は、浄化槽でも分解されないで詰まってしまう心配がありますので、念のため処理業者に相談して下さい。

使い終わった後のカイロを庭や畑にまいてもよいですか?

環境を汚染するようなものは入っていませんが、塩が入っているため土壌が変わって作物に影響する場合があります。中身を庭や畑にまくのはお控えください。

誤ってカイロの中身を食べてしまいました。

カイロは毒性のものは入っておりませんが、間違って飲み込んだ場合は、うがいをして医師の診断を受けてください。

ペットが間違って食べてしまいました。

成分に有害物質は含まれていませんが、獣医さんにご相談ください。

カイロを袋から出してそのまま忘れて外出したが大丈夫でしょうか?

カイロは鉄が錆びる熱を利用しているため、物を燃やす(発火する)温度にはならないので問題ありませんが、熱に弱い物と接触させたまま放置しないようにお気を付けください。

カイロを海外に送りたいが、どのようにして送ればいいですか?

当社が販売するカイロは、国連勧告の危険物に該当しない商品であることが公的機関において、試験の結果が証明されております。従って、郵便局で国際郵便として送って下さい。

カイロを英語で言うと?

英語では、「HEAT PAD」(ヒートパット)もしくは「HAND WARMER」(ハンドウォーマー)です。

海外へ持って行きたいのですが、飛行機に乗るときはどの様にしたら良いですか?

カイロには原料として鉄の粉が入っているため、機内へ持ち込む場合は、金属探知機が反応すると思われますので、手荷物にて機内へお持ち込みください。

妊婦が使用しても問題ありませんか?

大切なお体ですので、かかりつけの医師にご相談ください。

カイロはなぜ発熱するのでしょうか?

鉄はさびるときに熱を出します。使い捨てカイロは、鉄の錆びる化学反応を集中的に起こし、その熱を感じる事が出来ようにしたものです。

低温火傷はなぜ起こるのでしょうか?

熱湯などの、高温のものに触れて瞬間的に起こる火傷と違い、体温より少し高い程度の温度のものが、長時間触れていることで起こるのが低温火傷です。温度が低めでも時間が長くなれば火傷をします。低温火傷には、カイロのほかにコタツ、電気カーペット、電気毛布などで事故があります。

低温火傷の症状は?

皮膚の表面の紅斑や水泡です。低温火傷は、殆ど熱いと感じない程度の温度で知らず知らずのうちに侵されていくので、皮膚の表面上はそれほどでなくても、皮膚の深部にまで損傷が及ぶ事があります。

低温火傷の治療方法は?

低温火傷は皮膚の深部が熱傷を受けているので、治療に時間がかかる場合があります。また、表皮の火傷と違う治療が必要なので、素人判断せずに、早めに皮膚科、形成外科を受診して下さい。

低温火傷を防ぐためには?

皮膚に加わった熱は血流で運ばれるので、カイロを貼った部位を圧迫すると血流が抑えられ、温度が上がって火傷を引き起こしやすくなります。
(1)カイロの当たっている場所を圧迫しないこと。
(2)1ヶ所に長時間あてない事。
(3)熱いと感じた時は、すぐに移動させる事。
お子様、高齢者、血行障害のある方、身体の不自由な方など熱いと思ってもすぐに対処出来ないようなご使用は十分注意下さい。就寝時や運動時、他の暖房器具との併用は、温度が設定している以上に上がり、火傷の原因になりますので、使用しないでください。

鉄の酸化反応式

Fe + 3/4O2 + 3/2H2O → NaCl → Fe(OH)3 + 96kcal

クーラーボックスやお弁当の保温はできますか?

カイロの発熱は空気を取り込むことが必要で、ある程度通気のある所でないと発熱が続きません。また、カイロの発熱温度は雑菌の繁殖に適した温度なので保温のご使用はお控えください。




製品に関するお問い合わせ

個人情報の取り扱いについて

お電話でのお問い合わせ

0120-081-331

受付時間 / 9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ

フリーダイヤルがつながらない場合はTEL.06-6392-0333(有料)へお電話ください。

※ お客さまとの応対内容を正確に把握するため、録音させていただいております。
※ 障害などで電話が切れた際にご連絡できるよう、発信者番号の通知をお願いしております。
 非通知設定の場合は、フリーダイヤルの前に「186」をつけておかけください。